おすすめ検索キーワード

"マーケティング 指標"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 57

飲料メーカーと一般消費財メーカーのマーケティングダッシュボード活用事例

博報堂DYホールディングス

デジタルトランスフォーメーション時代における、マーケティングダッシュボードの活用事例を語る対談企画。今回は、博報堂DYグループが提供する各種データを統合・可視化するマーケティングダッシュボードVision-Graphics(ビジョン・グラフィックス)の導入から運用まで担当した飲料メーカーと一般消費財

デジタル広告はエコシステムで捉えよ

博報堂

※本記事は『MarketingBase』に2018年4月6日に掲載された記事を、許可を得て転載しています。デジタルマーケティングビジネスの中心となった広告は、市場の成長が著しく、テクノロジーがどんどん更新されていく過程にあり、さまざまな問題を抱えている。折しも、東洋経済の2017年12月23日号の特

マーケティングダッシュボードの今と未来・後編

博報堂DYホールディングス

デジタルトランスフォーメーション時代における、マーケティングダッシュボードはどうあるべきかを語る対談企画。マーケティングダッシュボードのサービス開発・導入支援に携わる木下陽介、戸梶大陸、島野真の3名が、前回に続いてマーケティングダッシュボードの今と未来について語ります。(前編はこちら)マーケティング

マーケティングダッシュボードの今と未来・前編

博報堂DYホールディングス

デジタルトランスフォーメーションによって企業のマーケティングを変革させていく第一歩として必要となる「データの統合」「アクションにつなげるための可視化」のために、最初の段階で検討に上ることも多いマーケティングダッシュボード。現在さまざまなサービスが提供されていますが、重要なポイントは単に導入するだけで

マーケティングの高度化に貢献するソリューション開発(前編)【データマーケティング リレーコラム VOL.5】

博報堂DYメディアパートナーズ

進化するデータマーケティングにとって重要な事は何か?データドリブンビジネス開発センター データマネジメントプラットフォーム部の若手メンバーがリレー形式で分かり易く説明していく連載コラム。第五回は椎名涼が、マーケティングに活用されるソリューション開発について語ります。はじめに生活者を取り巻くデータの増加

『デジタルでブランディングする』が加速するとき ~博報堂DYデジタル

博報堂DYデジタル

なぜ今、デジタルでブランディングなのか?2017年はデジタル広告史において大きな転換点となった1年であったといえます。引き続きモバイルシフトが進展し、運用型広告や動画広告が市場の継続的成長を牽引する一方で、年始から世界中で吹き荒れた『デジタル広告の品質や透明性に関する問題』は、大手広告主を中心にデジ

生活動線を考えたら、新しい広告の形が見えてきた<前編>

博報堂DYホールディングス

博報堂

博報堂DYグループは2017年12月、グループ横断型の新組織「デジタルロケーションメディア・ビジネスセンター」を設立しました。生活者の、移動しながら変化する生活シーンと無意識下での気分の移り変わりを重視し、その動線上にあるメディアを再構築、また、新たなメディアビジネス開発を支援する専門組織です。中で

【“結果”を表すデータの可能性】第1回 購買データ

博報堂DYホールディングス

365日×360°の生活者データとマーケティングの進化生活者の行動をいかに捉えて戦略・戦術に落とすか。生活者の行動を捉える方法はマーケターの興味であり続けているのではないでしょうか。デジタル化の進展により、取得できるデータも飛躍的に拡大しビッグデータ化しました。これらのビッグデー

「分析の視点」で、スポーツはより強く、面白くなる!(前編)

データスタジアム

博報堂DYホールディングス

博報堂DYグループのデータスタジアム株式会社では、2017年5月より「スポーツアナリスト育成講座」を開講しています。同講座の講師でもあり、Jリーグクラブで分析の現場にいた経歴も持つデータスタジアムの久永啓さん、藤宏明さんに、スポーツアナリストの役割や課題、今後の展望について、博報堂DYホールディング

デジタル×マスを最適化Handy Marketing

博報堂DYメディアパートナーズ

DAC

博報堂DYメディアパートナーズ、Yahoo! JAPAN、DAC、マーケティングソリューションの研究・開発を行う「株式会社Handy Marketing」を2016年に設立昨今、デジタルマーケティングにおける広告主の関心は、マス広告との統合プラニングやデータドリブンマーケティングの実践にあります。そこで

1456