おすすめ検索キーワード

"マーケティング 指標"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 45

変わりゆくメディアと生活者  Vol.1デジタル化による出版社との関わりの変化とは

博報堂DYメディアパートナーズ

デジタル化が進むにつれて、媒体社の役割も大きく変化しています。本連載では、媒体社の変化と、それに伴い博報堂DYメディアパートナーズ(MP)の役割がどう変わってきたのか、今後どう変わっていくべきかをデータマーケティング視点で模索していきます。第1回の今回は、雑誌局の考える出版社との関わりの変化と今後に

テレビCMとオンライン動画広告による広告効果を予測するプラニングツール「TV Cross Simulator」 Amazon Advertisingの動画広告を取扱開始

博報堂DYメディアパートナーズ

DAC

博報堂DYホールディングス

「TV Cross Simulator」は博報堂DYグループオリジナルの、テレビCMとオンライン動画広告による広告効果を予測するプラニングツールです。企業による広告キャンペーンの目的(リーチ・認知の拡大や関心・購入意向の喚起など)やターゲット層(性別や年齢など)、予算規模に応じて、業種や商材など10 種類

強い顧客接点を生み出す戦略とIT ~見落とされがちな「1→10」の重要性

博報堂

マーケティングシステムコンサルティング局(MSC局)は、「広告の外側」にある生活者接点を構想、開発、運用することを目的に博報堂内に立ち上がった新しい組織です。具体的には、アプリやWebサイトや店頭など、広告のような瞬発的な接点ではなく、定常的な接点です。その接点を活用し、顧客エンゲージメントを高めた

来店計測をより手軽に テレビからネットまで、全ての『動画』広告の視聴後来店率を最大化するチーム 「movisit」とは

博報堂DYメディアパートナーズ

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

博報堂

博報堂は2019年4月、動画広告の“視聴後来店率”を最大化する専門チーム「movisit(ムーヴィジット)」の始動を発表しました。来店客数を増やすための広告を、広告の来店効果計測も含めて低単価から実施できるようにするために、博報堂DYグループ独自の技術を複数組み合わせ、テレビ

スポーツデータ×AI活用、未知の領域へ ──Sports Technology Labのチャレンジ

株式会社Sports Technology Lab

博報堂DYホールディングスと博報堂DYメディアパートナーズは、2019年1月にスポーツテクノロジーの研究・開発を行う株式会社Sports Technology Lab(以下、STL)を設立しました。その第一弾のプロダクトが、世界トップレベルのディープラーニング技術をもつPreferred Networks

ヒットチャート&Wikipedia閲覧数から令和時代のヒットを捉える

博報堂DYホールディングス

博報堂研究開発局・コンテンツビジネスラボ(※1)では、ビルボード・ジャパンの総合チャートを構成する、CD売上枚数やダウンロード数、ストリーミング再生回数、Tweet数などのデータと、博報堂が保有する生活者データとの掛け合わせによりヒットのメカニズムの解明に取り組んでいる。第1弾に続いて、連載第2弾『

Agency vs Consultant シリーズ。今回はガチバトル・ライブスタイル!( アドバタイジングウィーク・アジア2019 博報堂DYグループセミナーレポート)

博報堂

株式会社電通デジタル

  • 鈴木 禎久

アクセンチュア株式会社

  • 黒川 順一郎

株式会社イグナイト

  • 笠松 良彦

毎年この季節の恒例となったアドバタイジングウィーク・アジア。今年も5月27日~30日に六本木の東京ミッドタウンで開催され、刺激的で多彩なセッションが繰り広げられました。本稿では、おなじみとなりつつあるパネリスト―イグナイトの笠松良彦氏、博報堂及び博報堂DYメディアパートナーズの安藤元博執行役員、電通

Google アナリティクスの正しい設定はできていますか?

株式会社アイレップ

  • 株式会社アイレップ

Google アナリティクスは、タグを貼り付けるだけでWebサイトの「集客経路」「サイト内行動」などが計測開始できる、便利なWeb解析ツールであることは言うまでもありません。一方で、デフォルトのままでは計測ができない指標があることや、別途設定が必要な項目が多数あることをご存じでしょうか?設定担当者の、

課題解決に直結させる、データ活用テクニックとは

読売広告社

――「獲得系(リスティングやリターゲティング広告といった手法の総称)は、ずいぶんやりつくしていて頭打ちだ。必要なのは認知系(おおよそ獲得系以外の総称)だが、効率の悪化は避けたい。」あなたは、こういった課題感のブリーフをみたことはありますか?特に、ダイレクト論が根強い事業体では、大なり小なりこの課題感

技術を駆使して「心地よさ」を生み出す【気持センシングラボ対談5】

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社

  • 谷本 秀吉

大広

バイタルデータ(生体情報)や行動ログデータなどを組み合わせて、生活者にとってほんとうに「心地よいコミュニケーション体験」を実現することを目指すプロジェクト「気持センシングラボ」。このプロジェクトに新たなメンバーが加わりました。アドテクノロジーを駆使したインターネット広告事業を展開しているソネット・メ

1235