このページをシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
  • line

データシェフ横井です。助手ができました。
海外の友人の声に応えて、翻訳ロボ。

Hello world!  I’m a translating robot.
He says “I’m Yokoi, a Data Chef.”

データの料理術4回目は打ち手発想。
「カオス時代に有効な発想法とは何か」

4th Theme of DATA COOKING is “Idea”.
What way is good to think ideas in the age of Turbulence?

データシェフの基本装備

図1:データシェフの基本装備

単刀直入、一つ選ぶとすれば
「常識デストロイ法」と考えます。
常識を否定して得た仮説と普遍的法則をルールにして発想する方法。

Straight to the point, one of good ways is
“Destroy Established Theory Method”.
Which is to think ideas according to a new rule came
from Destroyed theories and a universal truth.

常識「A=B」を「A≠B」と機械的に否定した後に、「A≠B」が成立する未来はあるか?を推測。未来で成立しうる「A≠B」と普遍的「A=B」を新ルールとしてアイデアを考える。

After changing a established theory “A=B” into “A≠B” mechanically,
you guess which “A≠B” can be possible in the future.
Then, you set it and a universal “A=B” as a new rule to think ideas.

常識は過去の産物。未来でも成立するとは限りません。
特に変化著しいカオス時代においては。そのため常識デストロイ法が有効になります。

Established Theories are products of the past,
so they don’t necessarily work in the future.
Established Theories die hard, but they do die especially in the age of Turbulence.
So, DET Method is effective.

著名な投資家ピーター・ティールも
「“隠れた真実”が世界を変えるアイデアの種」と主張しています [1]

Peter Thiel, a famous investor, advocates that
HIDDEN PATH is a seed of idea that can change the world. [1]

常識デストロイ法の実践用フレーム、つくりました。

The Data Chef generated a practical frame of DET Method.

図2:常識デストロイ法の実践用フレーム

図2:常識デストロイ法の実践用フレーム

①常識を書き出す(A=B) 
②常識を否定する(A≠B)
③未来で成立しうるA≠Bと普遍的A=Bをルールにする
④常識の前提を推察 
⑤時代変化による新前提を推察 
⑥新ルールでアイデア発想

① List up Established Theories. (A=B)
② Deny Them. (A≠B)
③ Set possible A≠B and a universal A=B a new rule to think ideas.
④ Guess a premise behind Established Theories.
⑤ Guess a new premise arising from a change of era.
⑥ Think ideas according to a new rule.

例としてヒット曲の作り方を埋めました[2]

For example, method of Popular Music[2]

図3:常識デストロイ法によるヒット曲の作り方

図3:常識デストロイ法によるヒット曲の作り方

常識デストロイ法は言わば権威への挑戦。
常識を疑い権威に挑むその時、
データに基づくファクトはなんとも心強い味方になります。

DET method means Challenge authority.
When you cast doubt on the Established Theory powered by authority,
FACT based on DATA will be surely a reassuring partner.

最後に、勇気が湧く言葉をご紹介。

Finally, let me share with you a word can encourage you.

Think for yourself and Question authority.
自分で考え、権威を疑え。
Timothy Leary

以上です。アンケート(3問)にご協力お願いしております。
※アンケートの回答は統計的に処理され、
特定の個人が識別できる情報として公表されることはありません。

That’s all. Please give us your feedback.
A Questionnaire with only 3 questions.
※The information submitted will only be used to improve our services,
and we will not disclose the information
to third parties without your permission.

[1] Peter Thiel and Blake Masters (2014), “Zero to One: Notes on Startups, or How to Build the Future”
[2] Hubert Léveillé Gauvin (2017), “Drawing listener attention in popular music: Testing five musical features arising from the theory of attention economy” Musicae Scientiae.

プロフィール

横井 忠泰(よこい ただやす)
博報堂プロダクツ データビジネスデザイン事業本部 データマーケティング二部

【職業】データ・シェフ 【得意】 データサイエンスを活かしたビジネス企画 / ファシリテーション
【趣味】一日一冊の読書 【志】日本の難問解決 
【経歴】公立中学→国立学芸大学附属高校→慶應義塾大学(社会心理)→博報堂 PRODUCT’S。以来、一貫してデータマーケティングに従事
Tadayasu Yokoi is a Data Chef has expertise in growing business with data and idea, and loves reading books (one book per day).

この記事に関する お問い合わせはこちら

このページをシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
  • line

関連記事

2018.05.21

記事・コラム

まぜるな危険?事実と示唆 データドリブン型プレゼン ~データの料理術05~

  • 博報堂 プロダクツ
    横井 忠泰

2018.03.28

記事・コラム

神は異常値に潜む。データ をアクションに繋ぐカギ ~データの料理術03~

  • 博報堂 プロダクツ
    横井 忠泰

2018.03.19

記事・コラム

自社データ、生かすも 殺すも自分次第。 ~データの料理術02~

  • 博報堂 プロダクツ
    横井 忠泰

閉じる