おすすめ検索キーワード

"トランスフォーメーション"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 214

国内初のPinterest Japanとの連携プロジェクト「team PiQ(チーム ピック)」

「team PiQ(チーム ピック)」は、「HAKUHODO DX_UNITED」のデジタルクリエイティブチーム「Quick Movie(クイックムービー)」とPinterest Japanのクリエイティブグループが連携して発足した、購買行動を促進する連携プロジェクトです。今や生活者を取り巻く購買環境には多様

地上波CMとコネクテッドTV広告の統合運用を実現する 「Tele-Digi AaaS for CTV」

「Tele-Digi AaaS for CTV」は博報堂DYメディアパートナーズが提供する、地上波CMとコネクテッドTV広告を統合モニタリングするサービスです。Google社が保有する配信ソリューションと連携(※1)。テレビデバイス上での動画広告運用の最適化を実現します。博報堂DYメディアパートナーズは、

リアルとバーチャルが融合したアイドルビジネスの拡がり【Media Innovation Labレポート.33】

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

近年、韓国を中心に人気を集めているバーチャルアイドル。ストリーミング配信など、従来のコミュニケーションのデジタル化によって、ファンとのエンゲージメントを強化しています。彼らはどのような技術を活用し、またアイドルの在り方はどのように変化しつつあるのか、DAC(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

「Digital AaaS」 Amazonスポンサー広告の配信をテレビCMに連動して最適化する機能を追加

博報堂DYメディアパートナーズは、テレビCMの出稿情報に連動してデジタル広告の配信を最適化する自動運用ソリューション「Digital AaaS Moment Ads」の対応媒体に、新たにAmazonスポンサー広告を追加。テレビCMとAmazonスポンサー広告の連動による相乗効果で、購買に与える効果の向上を

対談!EC+【第13回】──「ソーシャルARコマース」ってなに? バーチャルメイクの技術が実現する新しいコスメ購入のスタイル

パーフェクト

  • 磯崎 順信氏

博報堂DYメディアパートナーズ

博報堂DYグループのEC領域におけるナレッジとスキルを結集し、企業のEC事業を戦略構築から実装・運用までフルファネル、ワンストップでサポートするユニット「HAKUHODO EC+」。がお送りする EC事情の最前線をさまざまなプロフェッショナルの方とご紹介する連載「対談!EC+」。第13回は、AIとARを

クライアントのマーケティングシステムのあらゆる課題を解決する!──〈HAKUHODO Marsys Solution〉の可能性

システムを駆使したマーケティング活動を支援する博報堂のマーケティングシステムコンサルティング局。そのメンバーたちがこの2年間開発を進めてきた〈HAKUHODO Marsys Solution〉の全ラインナップが完成しました。組み合わせることによってマーケティングの全領域を網羅する6つの個別ソリューション

ポストコロナ時代のコマースDXの見取り図──最新版「DX Map Commerce」をめぐって(前編)

世界のコマースDX領域の先端動向を捉えた見取り図「業種別DX Map Commerce」。その最新版がリリースされました。2023年版Mapは、今年1月にアメリカで開催された小売業界の大規模イベント「NRF:Retail's Big Show」を始めとする海外カンファレンスやフィールドワークをもとに

「1st Partyデータの壁」を乗り越えてビジネス成果を生み出す──「DATA GEAR for Engagement」がクライアントにもたらす価値

ポストクッキー時代の1st Partyデータ活用を支援する博報堂DYグループの横断型ユニット「DATA GEAR」。そのメンバーが、クライアントのビジネス成果の向上を目指して開発したソリューションが「DATA GEAR for pLTV」と「DATA GEAR for Engagement」です。先行して開発された

AI技術で業種特性に応じてバナー広告の効果を評価する「H-AI IMAGES」

「H-AI IMAGES(※1)」は博報堂DYグループが開発した、AI技術を用いて業種特性に応じたバナー広告効果を評価する新機能です。Digital AaaSに搭載し、本機能を活用した広告運用サービスの提供を開始いたします。Digital AaaSは、博報堂DYメディアパートナーズが提唱する、広告主の広告

AIとタロット占い師が融合!?驚きのデジタル・トランスフォーメーション

株式会社アイレップ

昨年11月に彗星のごとく現れたChatGPT。瞬く間に世間を賑わせ、その活用方法について議論がなされない日はない。最近では、国内外のさまざまな企業や行政で導入されたというニュースを目にすることも増え、今後ますますビジネスシーンにおける活用の幅が広がることは想像に容易い。本記事では、ChatGPTの具