おすすめ検索キーワード

"トランスフォーメーション"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 166

守りの脱炭素から攻めの脱炭素へ ~脱炭素ビジネスと生活者アクション~ 【Media Innovation Labレポート.27】

博報堂

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

博報堂DYメディアパートナーズ

近年、国際機関や各国政府がこぞって気候変動への対策に関する法律や行動指針を策定するなど、積極的な推進が図られています。同様の取り組みを行う企業の数も増えており、企業活動の評価基準としても重要な要素になりつつあります。脱炭素社会を実現するために、今後生活者の間に脱炭素の意識をどう醸成し、その機運を高め

多様なマーケティング課題に対応する「オーダーメイドAIソリューション」

博報堂

博報堂はクライアント企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)による事業成長をより迅速に支援するために、『カスタム AI』の提供など AI 領域で高い専門性をもつ Laboro.AIと資本業務提携。多様なマーケティング課題に対応するオーダーメイド AI ソリューションを提供します。近年、デジタル化で生活者と

米国のストリーミングTVの実態と広告ビジネスの現状【Media Innovation Labレポート.26】

博報堂DYメディアパートナーズ

ケーブルでのテレビ視聴が主流を占めていた米国で、近年利用者が増え続けているストリーミングTV。米国におけるストリーミングTV業界の概要や広告ビジネスの潮流、今後の可能性などについて、博報堂DYメディアパートナーズ イノベーションセンター兼Media Innovation Lab(メディアイノベーションラボ

スポーツチームを軸とした「地域のDXの輪」──アビスパ福岡「オフィシャルDXパートナー」に参画したアイレップ

株式会社アイレップ

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、規模や活動拠点を問わず、あらゆる企業にとって喫緊の課題となっています。名古屋、大阪、福岡、高知、新潟に地方拠点を構える博報堂DYグループのアイレップは、この4月から福岡のJリーグJ1チーム、アビスパ福岡の「オフィシャルDXパートナー」となり、地域企業のDX

Web3によって変革が進むメディアとマーケティング【Media Innovation Labレポート.25】

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

博報堂DYメディアパートナーズ

2021年頃から、NFTやメタバースに関係する話題が世間を賑わせ始めました。それと同時に、「Web3」という言葉もにわかに注目を集めています。Web3とはどんな概念でなぜいま注目すべきなのか、メディアやマーケティング領域における可能性や影響とは。デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム イノベーショ

1st Partyデータ活用基盤の提供と その導入・運用を支援する『DATA GEAR Connect』

博報堂

「DATA GEAR Connect(データギア・コネクト)」は、ポストクッキー時代の広告効果計測・サイト解析を可能とする1st Partyデータ活用基盤の提供とその運用・導入を支援するコンサルティングサービスです。博報堂、博報堂DYメデ ィアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下 D

Web3.0時代を見据えたNFTビジネスプロジェクト「Hakuhodo DY Play Asset」 【第2回】アニメを中心としたジャパンコンテンツをNFT化する「animap」

博報堂DYミュージック&ピクチャーズ

博報堂DYメディアパートナーズ

3月に発足した博報堂DYメディアパートナーズグループのNFTビジネスプロジェクト「Hakuhodo DY Play Asset」。その中で提供されるサービスのひとつが、アニメ、マンガ、ゲーム、アートを中心に、そのほか幅広いジャパンコンテンツをNFT化して展開する「animap」です。IP(知的財産権)ビジ

マーケティングシステム基盤利活用のコーチングプログラム「HAKUHODO Marsys Onboarding」

「HAKUHODO Marsys Onboarding(博報堂マーシス・オンボーディング)」は、博報堂が提供する(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)は、企業のデジタルマーケティングオペレーション支援を目的とした、マーケティングシステム基盤利活用のコーチングプログラムです。事業成長に

拡大するNFTビジネスの最先端を各領域の知見から押さえる Hakuhodo DY Play AssetプロジェクトのNFTビジネスへの取り組み

uMi

  • 椎名 茂

WiL

  • 久保田 雅也

森・濱田松本法律事務所

  • 増田 雅史

博報堂DYメディアパートナーズ

今、NFTビジネスがまさに拡大しようとしています。ですが黎明期だけに、テクノロジー、ファイナンス、あるいは法的な部分でも疑問点が多いのが現状です。博報堂DYメディアパートナーズでは、そうした各領域のプロフェッショナルと協働し、生活者に新たな価値を提案するNFTビジネスを模索。2月にはサービス第一弾と

企業のライブコマース施策をワンストップで支援する「HAKUHODO Live Commerce+」

博報堂

「HAKUHODO Live Commerce+(博報堂ライブコマース・プラス)」は、企業のライブコマース実施支援やライブ配信媒体との連携・配信者育成を行い、配信で完結しない「事業課題を解決するためのライブコマース」を実現するソリューションです。博報堂のEC領域に特化した組織横断型プロジェクト「HAKU