おすすめ検索キーワード

"マーケティング 指標"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 60

【“結果”を表すデータの可能性】第1回 購買データ

博報堂DYホールディングス

365日×360°の生活者データとマーケティングの進化生活者の行動をいかに捉えて戦略・戦術に落とすか。生活者の行動を捉える方法はマーケターの興味であり続けているのではないでしょうか。デジタル化の進展により、取得できるデータも飛躍的に拡大しビッグデータ化しました。これらのビッグデー

「分析の視点」で、スポーツはより強く、面白くなる!(前編)

データスタジアム

博報堂DYホールディングス

博報堂DYグループのデータスタジアム株式会社では、2017年5月より「スポーツアナリスト育成講座」を開講しています。同講座の講師でもあり、Jリーグクラブで分析の現場にいた経歴も持つデータスタジアムの久永啓さん、藤宏明さんに、スポーツアナリストの役割や課題、今後の展望について、博報堂DYホールディング

デジタル×マスを最適化Handy Marketing

博報堂DYメディアパートナーズ

DAC

博報堂DYメディアパートナーズ、Yahoo! JAPAN、DAC、マーケティングソリューションの研究・開発を行う「株式会社Handy Marketing」を2016年に設立昨今、デジタルマーケティングにおける広告主の関心は、マス広告との統合プラニングやデータドリブンマーケティングの実践にあります。そこで

データで顧客を理解しアクションへつなげる分析思考力の基本【1】

博報堂プロダクツ

データ活用と求められる分析思考力生活者と様々なモノがリアルタイムにつながり、コミュニケーションの有り方が大きく変わり始めています。1日中365日あらゆるデータが蓄積され続け、そして分析力を武器に成果を見出す企業が日増しに増えています。・PCやスマホによる行動に関するデータ・様々なお買物データ・ソーシ

購買ファネルと広告効果を可視化するフレームワーク「FAIV」とは

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

「FAIV」開発の背景インターネット広告を含むデジタルマーケティングには、レポートとして明瞭な数値が取得できるという特徴があります。代表的な指標としては、掲載した広告経由でのクリック率やコンバージョン率(サイト上での購買や会員登録などの行動に至った比率)、あるいはクリック後のランディングページからの

マーケッターの意思決定を支援するMMMサービスm-Quad

博報堂DYホールディングス

博報堂DYメディアパートナーズ

現場マーケッターの意思決定を支援する新しい形のMMM(マーケティング・ミックス・モデリング)サービスサービス概要マーケティングの投資配分最適化と、その先のマネジメントまでを継続的にサポート 多くのマーケティング責任者にとって重要な意思決定テーマである「マーケティング投資をいかに適切に設定し、各施策に

デジタルマーケ施策でのプロジェクトマネジメント3つのポイント

博報堂アイ・スタジオ

「データドリブンマーケティング」「ビックデータマネジメント」「デジタルトランスフォーメーション」、こういったデジタル領域におけるデータマーケティングの関連キーワードは、今ある種のBUZZワードになっています。特に近年は、アナログなオフラインコミュニケーションやマス向けのアド展開をメインとしていた企業

“アクティベーションデザイン”の考え方とその実現手段

大広

“アクティベーションデザイン®”の考え方とその実現手段1. 大広が考える「アクティベーションデザイン®」とは国内市場は人口の減少と高齢化の進行にともない、今後、縮小する傾向にあります。そのためブランドが継続的に成長するには新たな顧客創造(Acquisition

テレビCMとインターネット広告の統合プラニングを加速させる「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」と「Handy Media Planner」

HandyMarketing

2016年4月に博報堂DYメディアパートナーズ、ヤフー株式会社、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下DAC)の3社で、データマーケティングの発展を目的とし、マーケティングソリューションおよび関連サービスを研究・開発する「株式会社Handy Marketing」を共同で設立しました。

新商品の売れ行きは検索データで予測できるのか?

博報堂DYメディアパートナーズ

博報堂DYホールディングス

HandyMarketing

新商品の売り上げを予測したい――メーカー担当者ならだれしもが思うことだろう。今回取り上げるHandy Marketingと博報堂DYグループが共同で行った検証は、まさに「商品の売れ行きをデータで予測できないか」というものだ。実用レベルでそれが可能になれば、多くの企業にとって朗報である。データの扱いに長

1456