おすすめ検索キーワード
ID-POS と AI カメラの活用により、ドラッグストアの購買と非購買の行動プロセスを見える化する「“インストア購買・行動”解析サービス」
PLANNING

ID-POS と AI カメラの活用により、ドラッグストアの購買と非購買の行動プロセスを見える化する「“インストア購買・行動”解析サービス」

「“インストア購買・行動”解析サービス」は読売広告社が提供する、ドラッグストア内の購買行動に関して、購買・行動解析を行うソリューションです。これまで行っていた「ID-POS データ」分析や店頭実験を中心とした独自の知見に加え、「AI カメラ」を活用することでショッパーの棚前行動を捕捉しデータ化。解析の精度を向上させています。

これまでリアル店舗においては、EC サイトでは検証可能である「購買プロセス」や「非購買者の離脱プロセス」の把握など、購買者行動の実態把握が課題とされてきました。本サービスでは店頭に設置した AI カメラから取得した画像を、AI 姿勢解析技術とディープラーニングにより機械学習させることでデータ化。ID-POS データとの連携も図り、これまで定性的な分析が中心となっていた生活者の店頭購買行動を、データにもとづいて定量的に分析することを可能にしました。
なお本サービスの「AI カメラ」については、コニカミノルタ社の顧客行動解析サービス「Go Insight」を採用しています。今回のソリューションサービスの提供によって、当社はさらなる“売りの完結”に向けたブランド課題の解決に貢献してまいります。

※ID-POS データ =  ID 付き POS データのこと。POS データでわかる“何が、いつ、いくつ、いくらで売れたのか”の情報に加え、“誰に(売れたのか)=誰が(買ったのか)”という情報が追加されたもの。
※AI カメラ:Go Insight = 画像から対象人物の姿勢・属性・行動を検知、ショッパー行動の見える化、定量的なデータの蓄積が可能。

本サービスの全体像

本サービスの主な活用分野

■店頭マーケティングを軸とした戦略・戦術立案
ターゲット設定・ベンチマーク・打ち手の方向性等、マーケティングと購買実態とのギャップを埋める。
■店頭施策の販促効果を定量的に可視化
店頭ツールを中心とした販促施策の有用性・効果実態を量的に検証、購買プロセスにおける各施策の効果を見極める。

「Go Insight」の概要

  • 読売広告社
    読売広告社