おすすめ検索キーワード

"カスタマージャーニー"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 54

ロケも合成も不要。最新のバーチャル撮影技術で、動画広告の最適解を“科学する”

株式会社アイレップ

  • 平 知己
  • 米田 雄史

今年6月、最新のバーチャル撮影手法「バーチャルプロダクション」を用いた広告映像が発表されました。海外ロケなどが困難となったコロナ禍において、スタジオ内で多様なシチュエーション撮影を可能にするこの技術が注目を集めるなか、「バーチャルプロダクションを使った映像制作には、撮影技術のDXをこえた価値がある」

モビリティDXの新潮流 テクノロジーで進化する自動車のマーケティングとセールス

近年、コネクテッドサービスやMobility as a Service(以下MaaS)のような、移動に関連するサービスが次々にリリースされています(関連記事)。それに伴い自動車業界のマーケティング&セールス領域においても、新たな手法が次々に登場し、プレイヤーも大きく変わって来ています。現在の市場の状況や博

効果が出るMAツールの使い方 MAのカスタマージャーニー作りは“コンテンツ主軸”×”アジャイル型”で

博報堂プロダクツ

マーケティングオートメーション(以下MA)ツール※はここ1~2年で急速に導入が進んでいます。博報堂プロダクツはツールの選定から導入の支援、マーケティング施策の立案や実行、ツールの運用など、MAツールに関わる全行程で支援サービスを提供しています。本記事ではMAツールを導入する際に問題になりやすいところ

ビューティー業界におけるデジタルトランスフォーメーションの深化

2020年、コロナの長期化を受けて見直しが進んでいるビューティー業界各社のビジネスモデル。これまで限定的だった「デジタルトランスフォーメーション(DX)」が、コミュニケーション領域を超え、より広い領域で進んでいます。ビューティー業界におけるDXを主としたソリューション開発に臨む博報堂の社内プロジェク

DX時代の新しい動画体験<後編>-インタラクティブ動画が可能にする次の買い物体験とは-

パロニム株式会社

  • 小林 道生

博報堂プロダクツ

DXが加速する中、動画市場が急速に拡大しています。中でもエンゲージメントが高く、コンバージョンにつながりやすい「インタラクティブ動画」が注目を集め、活用の場は、Eコマースのみならず、OMOやバーチャルイベント、バーチャルショップにも広がっています。DX時代の新しい動画体験<前編>では、驚異的なエンゲ

DX時代の新しい動画体験<前編>ー驚異的なエンゲージメントを創出する話題のインタラクティブ動画「TIG」とはー

パロニム株式会社

  • 小林 道生

博報堂プロダクツ

DXが加速する中、動画市場が急速に拡大しています。中でもエンゲージメントが高く、コンバージョンにつながりやすい「インタラクティブ動画」が注目を集め、活用の場は、Eコマースのみならず、OMOやオンラインイベント、バーチャルショップにも広がっています。これからの動画体験は、UI/UXの充実だけでなく、便

博報堂グループとフラクタによる、大企業向けD2Cサイト構築支援ソリューション「D2C Gate」

博報堂

「D2C Gate」は、博報堂・博報堂プロダクツ・フラクタによる、大企業の迅速なD2Cサイトの立ち上げを実現するソリューションです。マルチチャネルコマースプラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」を活用。大企業特有の課題に対応し、複雑な要件定義なしでスムーズなD2Cサイトの立ち上げを実現する

いまさら聞けないインフルエンサーマーケティングとは ~その本質と最新手法を探る~

博報堂

スパイスボックス

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

博報堂DYメディアパートナーズ

生活者のメディア接点が増え、情報過多の時代、「誰が言っている情報か」が生活者の購買行動の決め手にもなってきています。本稿では、企業にとってますます重要性を増しつつあるインフルエンサーマーケティングについて、いまさら聞けない定義から提案方法、そして将来像まで、すべてを解き明かします。博報堂生活者エクス

「PDCA」から「チューニング」の世界へ~ユーザーとブランドが常時接続しながら「マイコスメ」との出会いをつくっていく新しいプラットフォームへ~【生活者インターフェース市場フォーラム2020レポート】

株式会社 アイスタイル

  • 吉松 徹郎

博報堂

博報堂ケトル/博報堂

「生活者インターフェース市場フォーラム2020~クリエイティビティが生み出す新しいエコシステム~」のセッションに、コスメ・美容の総合サイト「@cosme」を擁する株式会社アイスタイルの吉松徹郎氏と、同社CCOに就任した博報堂ケトルの大木秀晃が登場。博報堂執行役員の嶋浩一郎をモデレーターに、新たな@c

ブランディングと販促の理想的な関係とは──売上や利益につながるブランドビルディング【アドテック東京2020レポート】

株式会社I-ne

  • 伊藤 翔哉

株式会社フラクタ

  • 河野 貴伸

サンスター株式会社

  • 兒嶋 仁視

博報堂DYメディアパートナーズ

従来の企業活動において、ブランディングと販売・販促は別々の取り組みであると考えられがちでした。しかし近年、ブランディングへの投資を売上や利益に明確かつ直接的に結びつけていこうとする動きが出てきています。ブランディングと販売・販促の関係をどう捉えればいいのでしょうか。本稿では、10月29日、30日に開

1236