おすすめ検索キーワード

"カスタマージャーニー"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 22

「Googleアナリティクス 360」活用Vol.3

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

機械学習活用における成功の方程式は「データ×ソリューション×人」データを活用したマーケティングの精度を上げる手法の一つとして、機械学習に注目が集まっています。しかし、その成功例はまだ多くはありません。マーケティングにおける機械学習活用のコツとは、どのようなものなのでしょうか。

課題解決に直結させる、データ活用テクニックとは

読売広告社

――「獲得系(リスティングやリターゲティング広告といった手法の総称)は、ずいぶんやりつくしていて頭打ちだ。必要なのは認知系(おおよそ獲得系以外の総称)だが、効率の悪化は避けたい。」あなたは、こういった課題感のブリーフをみたことはありますか?特に、ダイレクト論が根強い事業体では、大なり小なりこの課題感

チームクリエイティビティ2018【アドテック東京2018レポート】

博報堂ケトル/博報堂

クー・マーケティング・カンパニー

  • 音部 大輔

KaizenPlatform

  • 須藤 憲司

10月4日、5日の2日間にわたり、東京国際フォーラムにて国内最大のマーケティングとテクノロジーに関するカンファレンス「ad:tech2018(アドテック東京)」が開催されました。10年目となる今年も、各界からキーパーソンたちが集まり、刺激的な議論を展開。本セッションでは、株式会社Kaizen Plat

クロスワードターゲティングが生活者の本質的な欲求を探る!

ヤフー

  • 村田 剛

博報堂

博報堂DYデジタル

膨大な検索ワードの中から生活者のニーズを高い精度で明らかにする分析/広告配信モデルが「クロスワードターゲティング」です。今回は、その検索ビッグデータを提供するヤフー株式会社から、データマーケティング本部長を務める村田剛氏をお迎えし、ソリューション提案を行う博報堂にてデジタルプランニングを担当する小山

日本企業が海外でデータドリブンマーケティングを成功させるためには?

DatoramaJapan

  • 石戸 亮

博報堂

膨大なデータの中から消費者の嗜好を解き明かし、新規事業の立ち上げやサービス開発に役立てる動きが加速しています。その一方、日本企業が海外の進出先で、データ活用が思うようにはかどらず苦戦する事例もあるようです。今回は、博報堂データドリブンマーケティング局でグローバルデータマーケティンググループを統括する

デジタル×アナログが必須の時代のマーケティング術1.広告という枠を外せ

近年、多くの企業ではデジタルトランスフォーメーションを加速させるため、DMP 等の新たなマーケティングツールの活用が進んできています。博報堂でもこれらを活用したマーケティングの次世代化を推進していますが、その際に改めてデジタル領域とアナログ領域との融合が重要なテーマになってきています。オンライン・オフ

莫大なLINEユーザーを対象に、最適な広告コミュニケーションを実現する「Social Dig Connection」が始動

株式会社アイレップ

2017年からTwitterのオーディエンスプランニングツール「HandleM@p」や、Facebookキャンバス広告を動的に生成する「ダイナミックキャンバス」など、続々とSNS向け専用サービスを提供開始している株式会社アイレップが、2月14日にLINEアカウント運用最適化サービス「Social Di

【“結果”を表すデータの可能性】第3回 活用の最前線

博報堂DYホールディングス

データ活用の新しい潮流前回は”結果”を表すデータの中でも購買データを起点にした分析の例をご紹介しました。購買データ自体の分析やカスタマージャーニーを描くことで、生活者像をよりマーケティングに活用できる形で具体化する手法についてフォーカスしました。一方で、近年では”

位置情報×オフライン行動データが切り拓くデータマーケティングの未来図

シナラシステムズジャパン株式会社

  • 松塚 展国

シナラシステムズジャパンと博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂DYデジタルが共同で開発した「ACTAG(アクタグ)」は、両社が保有する生活者のオフライン行動データを活用した高精度な広告配信及び来店者分析・来店効果計測ソリューションです。去年12月にリリース、徐々に販売が本格化するなか、開発に携わっ

【“結果”を表すデータの可能性】第2回 生活者像の可視化

博報堂DYホールディングス

購買データ起点で見る生活者前回は”結果”を表すデータの代表例として購買データにフォーカスしました。web行動を中心としたオンライン上の行動データと、店頭での買い物を中心としたオフラインの購買データが統合されることで、ファネル分析や効果測定のような量的側面だけではなく、生活者の