おすすめ検索キーワード

"カスタマージャーニー"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 59

顧客発想でBtoBマーケティングとセールスをシフトするソリューション、「GRIP&GROWTH」とは?【BtoBマーケティングDXカンファレンス GRIP&GROWTH レポート③】

ユーザベース

  • 田口 槙吾

アイレップ

博報堂プロダクツ

toBeマーケティング

  • 小池 智和

セレブリックス

  • 今井 晶也

博報堂とアイレップは2021年10月、BtoB企業のマーケティング・セールス領域のDXを推進するカンファレンス「BtoBマーケティングDXカンファレンス GRIP&GROWTH」を共催しました。BtoBマーケティングにおける潜在顧客の獲得や育成、その後のセールス領域に関する戦略や事業支援など、企業のD

顧客発想でBtoBマーケティングとセールスをシフトするソリューション、「GRIP&GROWTH」とは?【BtoBマーケティングDXカンファレンス GRIP&GROWTH レポート②】

ユナイテッド

  • 米田 吉宏

才流

  • 澤井 和弘

タービン・インタラクティブ

  • 志水 哲也

博報堂とアイレップは、2021年10月6~7日にかけて、BtoB企業のマーケティング・セールス領域のDXを推進するカンファレンス「BtoBマーケティングDXカンファレンス GRIP&GROWTH」を共催しました。BtoBマーケティングにおける潜在顧客の獲得や育成、その後のセールス領域に関する戦略や事業

ゆうこす&社内インフルエンサーと考える、ライブコマース成功の鍵【アドテック東京2021レポート】

株式会社321

  • 菅本 裕子(ゆうこす)

株式会社ファンケル

  • 寺西 麻帆

株式会社アイレップ

インフルエンサーの影響による買物行動が注目され、ライブコマースなど新しい手法を導入する企業が増えています。インフルエンサーコマースを成功させる鍵とは何なのか、そしてその本質的な価値とは?プロコマーサー(ライブコマース配信者)であるゆうこすさんと、ライブコマースによる売上が好調なファンケルで社内インフ

Analytics AaaSの現場 マーケティング施策の投資配分最適化

博報堂DYグループが推進する広告メディアビジネスのDX化「AaaS」について分かりやすく紹介する本連載。第4回目のテーマは、メディアやマーケティング施策の投資配分を最適化し、KPIを策定するAnalytics AaaSについてです。その具体的な内容や強み、PDCAへの影響などについて、現場で中心となっ

価値創造型の次世代マーケティングを駆動する、博報堂DYホールディングスが持つ二つのエンジン 【DXが変革するマネジメントのあり方やエンタテインメントの世界 in デジタル甲子園レポート】

博報堂DYホールディングス

博報堂

阪急阪神ホールディングスは2021年9月7~10日かけて、デジタル上に再現した甲子園を舞台にしたイベント「DXが変革するマネジメントのあり方やエンタテインメントの世界 in デジタル甲子園」を開催しました(関連記事)。内野エリアに設けられた講演会場において、博報堂の青木雅人執行役員HAKUHODO DX_

ロケも合成も不要。最新のバーチャル撮影技術で、動画広告の最適解を“科学する”

株式会社アイレップ

  • 平 知己
  • 米田 雄史

今年6月、最新のバーチャル撮影手法「バーチャルプロダクション」を用いた広告映像が発表されました。海外ロケなどが困難となったコロナ禍において、スタジオ内で多様なシチュエーション撮影を可能にするこの技術が注目を集めるなか、「バーチャルプロダクションを使った映像制作には、撮影技術のDXをこえた価値がある」

モビリティDXの新潮流 テクノロジーで進化する自動車のマーケティングとセールス

近年、コネクテッドサービスやMobility as a Service(以下MaaS)のような、移動に関連するサービスが次々にリリースされています(関連記事)。それに伴い自動車業界のマーケティング&セールス領域においても、新たな手法が次々に登場し、プレイヤーも大きく変わって来ています。現在の市場の状況や博

効果が出るMAツールの使い方 MAのカスタマージャーニー作りは“コンテンツ主軸”×”アジャイル型”で

博報堂プロダクツ

マーケティングオートメーション(以下MA)ツール※はここ1~2年で急速に導入が進んでいます。博報堂プロダクツはツールの選定から導入の支援、マーケティング施策の立案や実行、ツールの運用など、MAツールに関わる全行程で支援サービスを提供しています。本記事ではMAツールを導入する際に問題になりやすいところ

ビューティー業界におけるデジタルトランスフォーメーションの深化

2020年、コロナの長期化を受けて見直しが進んでいるビューティー業界各社のビジネスモデル。これまで限定的だった「デジタルトランスフォーメーション(DX)」が、コミュニケーション領域を超え、より広い領域で進んでいます。ビューティー業界におけるDXを主としたソリューション開発に臨む博報堂の社内プロジェク

DX時代の新しい動画体験<後編>-インタラクティブ動画が可能にする次の買い物体験とは-

パロニム株式会社

  • 小林 道生

博報堂プロダクツ

DXが加速する中、動画市場が急速に拡大しています。中でもエンゲージメントが高く、コンバージョンにつながりやすい「インタラクティブ動画」が注目を集め、活用の場は、Eコマースのみならず、OMOやバーチャルイベント、バーチャルショップにも広がっています。DX時代の新しい動画体験<前編>では、驚異的なエンゲ

1236