おすすめ検索キーワード
広告×販促×店頭領域を統合するOMOソリューション「テレデジ・リテールONE™」
MEDIA

広告×販促×店頭領域を統合するOMOソリューション「テレデジ・リテールONE™」

「テレデジ・リテールONE(ワン)」は、博報堂DYグループ9社の戦略組織である「ショッパーマーケティング・イニシアティブ(以下SMI)」が提供する、テレビ・デジタル広告領域、リテールメディアを活用して店舗送客を行う販促領域、売場強化を行う店頭領域を統合し、メーカーおよび流通企業の売上の最大化を目指すOMO(Online Merges with Offline)ソリューションです。
ビーコンやリテールDXソリューション活用で強いケイパビリティを有し、リテールメディア開発・運用でも国内トップクラスの実績をもつアドインテと連携してサービス提供します。

生活者と企業とのあらゆる接点がデジタル化し、常時・双方向でつながる時代、活用可能なデータも多様化しています。企業の宣伝・マーケティング担当者は広告施策の費用対効果向上に向けた高度なマネジメントが求められています。そのための手段のひとつとして、生活者が商品やサービスを認知してから購買するまでのさまざまなコミュニケーション施策を効果的に連携することが重要です。しかし、これまでテレビとデジタルとの連携、テレビと店頭をつなぐ流通企画、デジタル広告と効果検証をつなぐ施策などは個別に存在していましたが、これらの施策群は分断されていました。

こうした課題に対して対応する「テレデジ・リテールONE」は、テレビ・デジタル広告領域と、リテールメディアを活用して小売店舗への送客を行う販促領域、売場での商品陳列の最大化を狙う店頭領域を統合した広告・マーケティング業界初のフルファネル統合ソリューションです。テレビのリーチ力とデジタル広告/リテールメディアの購買見込層へのターゲティング配信によって認知から購買意向を喚起し、デジタル販促で来店促進、流通企業と連携して売場を強化・拡大させることで売上の最大化を目指します。

さらに、広告・来店・購買の各データを活用することで、広告販促による販売貢献効果の可視化とPDCA運用を可能にしました。これらは、博報堂DYメディアパートナーズが有する運用型テレビ広告を実現するサービス「TV AaaS」、アドインテが強みとするAIビーコンを活用した「リテールDXソリューション」などを統合・活用し、各地域のテレビ局および流通企業との連携によって実現します。

また、テレデジ・リテールONEは、メーカーおよび流通企業の双方にもメリットを提供できると考えています。メーカーに対しては、認知から店舗強化、効果測定までを一気通貫で実施することで売り上げの最大化が期待できます。流通企業にとってはテレビ・デジタル広告と連動させ店舗集客力を高めることで、チェーン全体・カテゴリー売上アップを狙うことが可能です。

<「テレデジ・リテールONE」の強み>
①テレビ×デジタル×リテール×効果測定までを統合して売上最大化を狙える
②各地域のテレビ局・流通企業と連携し、売場の強化・拡大を狙える
③広告・来店・購買データを活用し、広告販促の販売貢献効果の可視化とPDCA運用ができる

■ テレデジ・リテール ONE ソリューション詳細

■ファネルごとの具体施策: ※今後段階的に機能拡張予定

① 認知促進:各地域のテレビ局と連携し、対象流通店舗での購買を後押しするインフォマーシャル広告を制作し放送します。テレビスポット出稿との連動展開にも対応しています。 

② 関⼼喚起:対象エリアのリテール/デジタルメディアを活⽤した販売貢献効果を最⼤化する施策です。店舗商圏や購買層ターゲティングなど、購買の⾒込める顧客に向けた広告配信ができます。 

③ 店舗送客:対象の流通企業と連携したクーポン提供など、デジタル販促メニューを各種⽤意しています。 

④ 店頭強化:テレビ局による広告とセットにした売場強化施策です。対象流通企業によって商談サポートも⾏います(企画棚活⽤、店頭ツール強化など)。 

⑤ 効果測定:テレビとデジタル広告を実施した結果、どれだけ販売に貢献したかを各種データを組み合わせて分析レポートを作成します。有望顧客ターゲティングテストやクリエイティブテストを購買データ起点で可能にすることで、マーケティング戦略強化やテレビCM制作に向けた訴求軸の検証などに役⽴てていただけます。
 

 

sending

この記事はいかがでしたか?

送信

関連記事