おすすめ検索キーワード

"スポーツ データ"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 61

【コンテンツファン消費行動調査2019分析リレーコラム】#3(アニメ・特撮篇)「サブスクリプションサービスを起点とした コンテンツとの出会いと消費の新潮流」

博報堂

アニメをどこで見ているか?従来、アニメコンテンツはTV番組で鑑賞するのが一般的でしたが、最近ではAmazon Prime VideoやHulu、Netflixなどのサブスクリプションサービスの登場で、過去の作品、オリジナルの作品を観ることが可能となりました。今回のコラムではこのようなサブスクリプションサ

ヒット習慣予報 vol.89『秋バテ温活』

博報堂

こんにちは。ヒット習慣メーカーズの中川です。今年は梅雨明けが遅かったため、立ち上がりが遅れたものの、結果的にとても暑い夏になりましたね。Googleトレンドで「暑い」というキーワードで検索すると、歴史的な酷暑となった昨年に比べると劣るものの、今年の検索数もかなり多かったようです。6月のコラム「ひんや

データ・クリエイティブ対談【第5弾】 言葉や意思決定は知能のほんの一部。 AI開発における、無意識に目を向ける意義。(後編) ゲスト:三宅陽一郎(ゲーム開発者)

博報堂DYメディアパートナーズ

データ・クリエイティブの進化の在り方について、博報堂DYグループ社員と識者が語り合う『データ・クリエイティブ対談』。ゲストはゲーム開発者の三宅陽一郎さんです。前編ではゲームにおけるAI、現実への応用について、後編ではeスポーツの現状や今後の発展の可能性などについてうかがいました。聞き手は博報堂DYメ

データ・クリエイティブ対談【第5弾】 言葉や意思決定は知能のほんの一部。 AI開発における、無意識に目を向ける意義。(前編) ゲスト:三宅陽一郎(ゲーム開発者)

博報堂DYメディアパートナーズ

データ・クリエイティブの進化の在り方について、博報堂DYグループ社員と識者が語り合う『データ・クリエイティブ対談』。第5弾のゲストは、ゲーム開発者の三宅陽一郎さんです。ゲーム内で使われるAIを開発している三宅さんに、ゲームにおけるAI、現実への応用、eスポーツの現状や今後の発展の可能性などについてう

ヒット習慣予報 vol.86『モバイル・ドクター』

博報堂

こんにちは。ヒット習慣メーカーズの村山です。8月が終わり、夏の暑さも落ち着きを見せる今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。やばい、かき氷食べてない、スイカ食べてない、川下りにも行ってない、、、などやり残した夏タスクリストがたまりまくっており、(今年は梅雨明けが遅かったこともあるのか)例年

「メディア生活フォーラム2019」パネルディスカッション: 情報の送り手がつくる「メディア満足」とは

博報堂DYメディアパートナーズ

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所が主催する「メディア生活フォーラム2019」。令和初開催となった今回のテーマは、「新しい『メディア満足』のつくり方」。情報過多の時代、情報の送り手は、生活者が求める新しい「メディア満足」をどうつくるべきなのか。そのための視点と、情報・コンテンツの届け方

【コンテンツファン消費行動調査2019分析リレーコラム】#1(映画編:前編)「サブスク拡大が引き起こす映画体験へのインパクトとは!?」

博報堂DYメディアパートナーズ

映画支出TOPは劇場鑑賞も、伸びるサブスクの映画利用。振り返れば早4年である、黒船としてNetflixが国内に上陸し、様々な定額制動画配信サービスが登場し始めたのは。動画配信を契機として認知を広げたサブスクリプションサービス(通称「サブスク」)は、今や動画領域に留まらず、音楽やスポーツなどの他のコン

生活者の様々な視点を混ぜ合わせるチーム「#SHAKER」 ~組織の垣根を超えてコンテンツマーケティングを支援する~

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

博報堂アイ・スタジオ

博報堂DYメディアパートナーズ

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と博報堂アイ・スタジオ、博報堂DYメディアパートナーズの3社は「#SHAKER」というチームを組み、企業のコンテンツマーケティングを支援しています。3社で組むことにはどのようなメリットがあり、どのような成果を発揮しているのでしょうか。DACの奥島智

スポーツデータ×AI活用、未知の領域へ ──Sports Technology Labのチャレンジ

株式会社Sports Technology Lab

博報堂DYホールディングスと博報堂DYメディアパートナーズは、2019年1月にスポーツテクノロジーの研究・開発を行う株式会社Sports Technology Lab(以下、STL)を設立しました。その第一弾のプロダクトが、世界トップレベルのディープラーニング技術をもつPreferred Networks

ヒットチャート&Wikipedia閲覧数から令和時代のヒットを捉える

博報堂DYホールディングス

博報堂研究開発局・コンテンツビジネスラボ(※1)では、ビルボード・ジャパンの総合チャートを構成する、CD売上枚数やダウンロード数、ストリーミング再生回数、Tweet数などのデータと、博報堂が保有する生活者データとの掛け合わせによりヒットのメカニズムの解明に取り組んでいる。第1弾に続いて、連載第2弾『

1237