おすすめ検索キーワード

検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 659

ブロックチェーン技術を活用した デジタルコンテンツの著作権保護サービス「C-Guardian」

博報堂

「C-Guardian(シー・ガーディアン)」はブロックチェーン技術を活用して、デジタルコンテンツの著作権を管理し、著作権侵害から保護するサービスです。博報堂が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)が、ケンタウロスワークスおよび

ヒット習慣予報 vol.115『雲遊ライフ@中国』

博報堂

こんにちは。ヒット習慣メーカーズの江です。4月1日、多くの企業が令和になって初めての新年度を迎えましたが、東京都内では、先週に続き新型コロナウイルス感染拡大による平日のテレワークまたは週末の外出自粛要請が出されており、普段は多くのビジネスパーソンや観光客でにぎわう街の人出が大幅に減少し、とても閑散と

現場1年目用 データマーケティング・マニュアルvol.1 指示を受けたらマーケター失格!?

博報堂プロダクツ

データマーケティング現場の皆様へこの連載は、データマーケター7年目の私が、1年目の方向けに「現場の実践ノウハウ」をお伝えするものです。「研修で間に合っていますが?」の声も聞こえますが、筆を取ったのは「ある矛盾」が出てきているからです。この矛盾解決の一助となりたく、今回のマニュアル公開を決意しました。

現実とデジタルを融合する「Spatial Computing(スペーシャル・コンピューティング)」の新しい空間体験

博報堂DYホールディングス

博報堂DYグループ内におけるテクノロジーの専門組織マーケティング・テクノロジー・センターでは現在、ARクラウドを用いた「Spatial Computing(空間コンピューティング)」のプロジェクトが進んでいます。現実とデジタルを融合させて新しい空間体験を生み出すことを目指すこのプロジェクトの取り組みに

メディア環境研究所×西日本新聞社 対談 「生活者との新たなつながり」~期待されるこれからのメディアの役割~

西日本新聞社

  • 坂本 信博

博報堂DYメディアパートナーズ

デジタルツールの活用によるデジタルトランスフォーメーションの波は、既存のメディアにも大きな影響を与えています。2019年にメディア環境研究所が開催した「メディアイノベーションフォーラム」では、「Direct_」をテーマに、多接点時代における生活者との新たなつながり方を議論しました。その実例の一つとし

ヒット習慣予報 vol.114 『イエナカ身だしなみ』

博報堂

こんにちは。ヒット習慣メーカーズの村山です。コロナウィルス対策での外出自粛を受け、大変な生活を送られている方々も多いことかと思います。つらい時期かと思いますが、一日でも早く今までの生活に戻れるように、僕も昼は家の中で仕事をして夜は家で映画をみたり友達とチャットしたりする生活に慣れていきたいと思います

オンライン行動データが明かす、時間の使い方の隠れた年代差 【デジノグラフィ・トークvol.6】

ヤフー

  • 山崎 潤
  • 佐々木 孟

博報堂生活総合研究所(以下、生活総研)が提唱する、デジタル上のビッグデータをエスノグラフィ(行動観察)の視点で分析する手法、「デジノグラフィ」。その可能性を探る「デジノグラフィ・トーク」シリーズの第6回は、ヤフー株式会社(以下、ヤフー)との共同研究です。Yahoo! JAPANに蓄積されたオンライン行

音声UIが実現する新しいコミュニケーション ──「PIXループ」をめぐる対話Vol.1

「Pool=貯めておく」「Ignite=火が点く」「eXpand=やってみる」の3つの要素のループとして生活者の行動を捉える新しいモデル「PIXループ」。そのループの中で「音声」を活用するとどのような価値が生まれるのでしょうか。「PIXループ×VUI(ボイスユーザーインターフェース)」の

改めて知っておきたいBtoB企業のマーケティング新潮流「インバウンドマーケティング」の仕組みとはじめ方

タービン・インタラクティブ

  • 志水 哲也

株式会社アイレップ

アイレップは2019年11月、BtoB企業のマーケティング支援を目的とした新組織を設立しました。新組織では、2018年にアイレップのグループ会社となったタービン・インタラクティブと緊密な連携を取っています。また設立をしてすぐに、BtoBマーケティングを簡易に始めることが出来る「インバウンドマーケティ

「Spatial Computing」とその未来【XR Kaigi レポート】

博報堂DYホールディングス

MESON

  • 梶谷 健人

2019年12月に開催された「XR Kaigi」に、博報堂DYホールディングス マーケティング・テクノロジー・センター(以下MTC)の目黒慎吾が、ARクリエイティブスタジオ MESON CEOの梶谷健人氏とともに登壇しました。また、「AR City in Kobe」と題したARクラウドを活用した都市開発シミュレー