おすすめ検索キーワード

"クリエイティブ データ"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 189

トータルなプラニング力とアプリマーケティング力の融合を目指して ──博報堂DYメディアパートナーズとアドウェイズの提携が実現したもの

アドウェイズ

  • 野田 順義

博報堂DYメディアパートナーズ

国内におけるアプリマーケティングのトップランナーの一社であるアドウェイズと博報堂DYメディアパートナーズが資本業務提携を発表したのは、2019年11月のことでした。それから1年余り。提携によるシナジーはどのように発揮されているのでしょうか。2020年末に東証一部上場を果たしたアドウェイズの取締役、野

EXILEの高度なダンスを360°アニメに再現 “遊べるインターフェース”の可能性【生活者インターフェース市場フォーラム2020レポート】

株式会社ローソン

  • 白井 明子

株式会社LDH JAPAN

  • 石井 一弘

クラフター

IoT化や5Gの段階的な開始によって、生活者を取り巻くさまざまな接点がインターフェースとして次々と活用され始めています。特に2020年は、奇しくもコロナ禍によって企業のDXが大きく推進し、この「生活者インターフェース市場」も広がっています。本稿では先日オンラインにて開催した「生活者インターフェース市

「インタラクティブな購買行動」を実現するパートナーシップ【生活者インターフェース市場フォーラム2020レポート】

博報堂DYメディアパートナーズ

LINE株式会社

  • 江田 達哉

テクノロジーの進化は、販促のあり方も大きく変化させています。アプリの活用によって「購買」という接点の可能性を最大限に拡張する取り組みをともに進めているのが、博報堂DYメディアパートナーズ内のユニット「SP EXPERT'S」とLINEです。国内月間利用者数8600万人以上(2020年9月時点)

AIは広告をつくることができるのか──「AI×クリエイティブ」、その多様な取り組み【アドテック東京2020レポート】

サイバーエージェント

  • 毛利 真崇

電通

  • 並河 進

Smartly.io

  • 坂本 達夫

博報堂

現在、ビジネスの広範な分野でAI技術の活用が進んでいます。では、広告クリエイティブの分野でAI技術はどのように使われているのでしょうか。本稿では、10月29日、30日に開催されたアドテック東京2020のセッション「クリエイティブにAIを活用する」の模様をお届けします。当セッションでは、クリエイティブ

「Social-Me Good」という新しい価値観──withコロナ時代の「eXpand」の形【前編】

博報堂

「Pool」 (情報を引き寄せ貯めておく)、「Ignite」 (気持ちに⽕が点く)、「eXpand」(体験して情報圏を拡げる)という3つの行動をループさせながら⾃⼰充⾜を図る生活者の行動デザインモデル「PIXループ™」。新型コロナウイルス禍によって生活者の行動やマインドが変わったことで、とり

「Stories」や新機能「Reels」にも対応した、Instagramなどの「ARコンテンツ開発支援サービス」

博報堂プロダクツ

「ARコンテンツ開発支援サービス」は、専用アプリ不要でInstagramやFacebookでAR体験を実現するSpark AR(※)を活用したサービスで、博報堂プロダクツが提供します。※Spark ARとは、Instagram、Facebookアプリ内のカメラを使用して、顔やボディパーツ、表情などを認識

D2Cビジネスにおける「実装」とは ―すべてのタッチポイントを束ね、顧客の反応を起点にピボットまで支援 (連載:D2C支援 キーパーソンが語るVol.4)

博報堂プロダクツ

日本トータルテレマーケティング株式会社

  • 大村 大

博報堂

ECとSNSを活用して成長する「D2C」(Direct to Consumer)ブランドが国内でも次々と登場しています。この新たなブランドビジネスに挑戦する企業を支援する「博報堂グループ・D2C統合ソリューションチーム」のキーパーソンたちが、D2Cブランドビジネス成功のポイントについて語る記事を連載でお

Twitter Japanと共同で広告主のブランド成長をサポートするプロジェクト「Brand Bird」

博報堂DYメディアパートナーズ

「Brand Bird」は博報堂DYメディアパートナーズとTwitter Japanが共同で、Twitterならではの指標やコンテンツ、コミュニケーションを最大限に活用し、広告主のブランド成長をサポートするプロジェクトです。 「Brand Bird」は以下3つのプロジェクトから構成されています。 1.Crea

データ・クリエイティブ対談【第7弾】 超音波を使った「触覚テクノロジー」はコミュニケーションをどう変えるか(後編) ゲスト:東京大学 篠田裕之教授

東京大学大学院

  • 篠田 裕之

博報堂DYメディアパートナーズ

データやテクノロジーを活用したクリエイティブやコミュニケーションの進化について識者のお話を伺う「データ・クリエイティブ対談」第7弾の後編。触覚テクノロジーの具体的な応用領域と社会実装に向けた課題について、引き続き東京大学の篠田裕之教授と博報堂DYメディアパートナーズの篠田裕之が語り合いました。★前編

ニューノーマル時代のスマートシティ ―生活者視点での共創、サイバーフィジカル空間に生まれる新体験― (Advertising Week Asia 2020セッションレポート)

スクラムベンチャーズ

  • 宮田 拓弥

博報堂

博報堂DYホールディングス

2020年10月、今年で5回目を迎えるアドバタイジングウィーク・アジアは、コロナ禍以降の「壁を突き破る」新たな知見を届けるイベントとしてオンライン開催されました。博報堂は「ニューノーマル時代のスマートシティ」と題し、スクラムベンチャーズの宮田拓弥氏をゲストスピーカーに迎え、これからの都市のあり方や、