おすすめ検索キーワード

"クリエイティブ データ"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 204

「1億総データアナリストの時代」がやってくる ―『デジノグラフィ』著者インタビュー

「ビッグデータはデータサイエンティストが扱うもの」という時代は過去のもの。いまや、ビッグデータそのものも、ビッグデータを分析するツールも、どんどん「民主化」されています。博報堂生活総合研究所(以下、生活総研)では、そんなオープンなデータとツールを駆使した、いわば万人向けのビッグデータ分析法として「デ

広告のオーディエンスを多面的に深堀し分析できるソリューション「Audience Dive」

博報堂DYメディアパートナーズ

「Audience Dive」は博報堂DYメディアパートナーズとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下 DAC)が提供する広告オーディエンスの多面的な深堀分析をダッシュボード上で提供するソリューションです。Google が提供するユーザープライバシーに配慮したクラウドベースの分析基盤 Ads Dat

『脳内干渉』の仕掛け人が語る、音声コンテンツの未来

博報堂

博報堂DYメディアパートナーズ

2020年9月から、オンデマンド音声ビジネス領域における協業がスタートした株式会社エフエム東京と株式会社博報堂DYメディアパートナーズ。その一環として、TOKYO FMと博報堂・博報堂DYメディアパートナーズが共同企画・制作したサウンドボイスドラマ『脳内干渉02.26 アイツとこいつがそうなってたの』が

博報堂とアイスタイルによる、ビューティ領域におけるAI 技術を活用したDX推進、ブランドとユーザーの関係性構築を支援する「Beauty Data Studio」

博報堂

「Beauty Data Studio」は、博報堂とアイスタイルが共同で、クライアント企業のビューティ領域におけるAI技術を活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)推進、及びブランドとユーザーの関係性構築支援を目的とした活動です。その第一弾として、AI技術を活用した予兆モデル構築及びソリューショ

いまさら聞けないインフルエンサーマーケティングとは ~その本質と最新手法を探る~

博報堂

スパイスボックス

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

博報堂DYメディアパートナーズ

生活者のメディア接点が増え、情報過多の時代、「誰が言っている情報か」が生活者の購買行動の決め手にもなってきています。本稿では、企業にとってますます重要性を増しつつあるインフルエンサーマーケティングについて、いまさら聞けない定義から提案方法、そして将来像まで、すべてを解き明かします。博報堂生活者エクス

博報堂DYグループとTikTok For Business Japanのクリエイティブグループのタッグによるクリエイティブチーム「TiQuick(ティクイック)」

博報堂DYメディアパートナーズ

「TiQuick(ティクイック)」は、博報堂DYグループのリソースや知見を活用したデジタル動画専門チーム「MP.QuickMovie(※1)」とTikTok For Business Japanのクリエイティブグループがタッグを組み結成したクリエイティブチームです。広告主がショートムービープラットフォーム

マーケティングDXとメディアDXを一体で推進する 「HAKUHODO DX_UNITED」

博報堂

博報堂DYメディアパートナーズ

DAC

「HAKUHODO DX_UNITED」は、博報堂と博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下DAC)の3社による、クライアント企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を、マーケティングDXとメディアDXの両輪で統合的に推進する戦略組織です。博報堂、博報堂D

「ノーコード」で仕事と学びを革新する──ミライの事業室「TOOL PROJECT」が目指すもの

プログラミングの知識がなくてもアプリやサービスを開発できる「ノーコード」と言われるデジタルツールが注目されています。このツールを活用して「仕事と学びをアップデートする」というコンセプトを掲げて2021年2月に発足したのが、博報堂ミライの事業室の「TOOL PROJECT」です。このプロジェクトの概要や

YOASOBIのヒットの裏側とは データから見る、2020年代の音楽マーケティング

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

  • 屋代 陽平 氏
  • 山本 秀哉 氏

博報堂

Billboard JAPANが主催する、国内の音楽シーンの今と未来を考えていくウェビナー・シリーズ「Billboard JAPAN presents Music Insight」の第3回に、博報堂コンテンツビジネスラボの谷口由貴が登壇。2020年に大ブレイクしたYOASOBIのプロジェクトメンバーであるソニ

人々の「コンタクトレス化」をテクノロジーはどう支えるのか ──コロナ禍における「欲求」の満たし方【後編】

博報堂アイ・スタジオ

博報堂行動デザイン研究所の分科会の一つ「NewTech分科会」は、人々の五感とテクノロジーを関係づけたマップをつくり、それをクリエイティブやプランニングに活かすことを提唱しています。コロナ禍において行動を制限され、「安心も充実もしたい」という相反する欲求を抱くようになった生活者に対し、テクノロジーは