おすすめ検索キーワード

"ブランド価値"の検索結果

検索条件をさらに詳しく

検索結果 12

あなたのアイデアを、”ビジネスモデル”にする方法

株式会社WHITE

近年の技術革新とともに社会のデジタライゼーションが進み、企業側でも生活者や社会の変化に合わせて、新しい事業開発が求められています。様々な顧客の行動や状態がデータとして取得可能になり、様々な分析がマーケティングシステム基盤上で可能になっており、国内大手企業でもそれらを活用したイノベーションに関する取り

ブランドの価値を守るために必要なことは何か ──デジタル広告におけるブランドセーフティの実現を目指して【アドテック東京2019レポート】

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム

資生堂ジャパン

  • 小出 誠

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン

  • 日高 由香子

Gunosy

  • 近藤 洋司

ヤフー

  • 中村 茜

デジタル広告におけるブランド価値をいかに守っていくか──。現在、広告主、メディア、広告会社、アドテクノロジー事業者のすべてが、「ブランドセーフティ」をめぐる課題に直面しています。2019年11月に開催された「アドテック東京2019」では、その課題について語り合うセッションが設けられました。博報堂DY

これからのコミュニケーション設計を考える 顧客時間×博報堂プロダクツ

顧客時間

  • 岩井 琢磨
  • 奥谷 孝司

博報堂プロダクツ

行動データから顧客を理解し、アクションにつなげるためには何が必要なのか? コミュニケーションを本当に深化させる、デジタルとアナログを融合させた体験設計とは? 博報堂DYグループの株式会社顧客時間の岩井琢磨代表取締役と同奥谷孝司取締役、そして博報堂プロダクツの大木真吾、菊池友幸の4名がデータを活用したこれ

ヒット習慣予報 vol.76 『情緒テック』

博報堂

こんにちは。ヒット習慣メーカーズの村山です。突然ですが、最近個人的に、右脳ブームです。日々、Twitterやニュース、本などから得られる大量の情報を左脳的に整理して仕事に活かそうと意識しているので、その揺り戻しで右脳的にそそられるなあ、とか癒されるなあ、とか気持ちいいなあ、とか感じるものを無意識的に

マーケティング変革の原動力はポジティブなマインドセット!

博報堂

デジタルトランスフォーメンションの影響で、マーケティングにも大きな変革が求められています。データプラットフォームは、セグメントレベルのDMPだけでは不足となり、個人レベルのCDPが急速に台頭しつつあります。それに伴い、デジタルマーケティングシステムも、24時間365日、それもマイクロモーメントと呼ば

ビッグデータは、ビッグアイデアを滅ぼすか?

TBWA HAKUHODO

1. 街灯の下で鍵を探す男の話ある日、警官が夜の見回りをしていると、住宅街の小道で不審な男を見かけた。男は酔っ払っており、街灯の下で何やら探し物をしている様子。警官が「落し物ですか?」と訊ねると、男は「そうなんです。鍵を落としてしまって…」と答えた。気の毒に思った警官は一緒に探したが、何

データドリブンマーケティング入門第1回:顧客体験向上に必要なワケ

博報堂

日々生成される膨大なデータを核としたマーケティング手法として注目を集めるデータドリブンマーケティング。しかしマーケティング初心者にとって、この移り変わりの激しい領域を正確に理解するのは容易ではありません。そこで、連載形式でマーケティング担当者が最低限押さえるべきポイントを解説していきます。第1回のテ

データ時代のブランド戦略~マーケティングの両輪としてのデータとブランド②

博報堂プロダクツ

博報堂コンサルティング

データドリブンマーケティングとブランディング。一見、相反する2つの領域ですが、実は相互に密接に関わっています。今回は、データドリブンマーケティングに現場の第一線で取り組んでいる博報堂プロダクツのデータマーケティングディレクター飛松信太朗と、数多くのクライアントのブランドコンサルティングを手掛けてきた

データ時代のブランド戦略~マーケティングの両輪としてのデータとブランド①

博報堂プロダクツ

博報堂コンサルティング

データドリブンマーケティングとブランディング。一見、相反する2つの領域ですが、実は相互に密接に関わっています。今回は、データドリブンマーケティングに現場の第一線で取り組んでいる博報堂プロダクツのデータマーケティングディレクター飛松信太朗と、数多くのクライアントのブランドコンサルティングを手掛けてきた

データドリブン×クリエイティブで、価値創造を実現する

博報堂

ここ数年でデータドリブンマーケティングによるビジネスの効率化は進んできましたが、クリエイティブとの掛け算による価値創造の可能性はまだまだ進化の余地があります。博報堂アクティベーション企画局の茂呂譲冶が、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの3社主催で行っ