このページをシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
  • line

生活者の現在の状態に沿ったデータドリブンマーケティングを可能とし、企業のマーケティング活動の成功に貢献する「拡張型Tealium」

Tealium(※1)は、企業の自社サイトのタグ・マネジメントに強みをもつ、リアルタイム統合マーケティングソリューションです。今回共同開発したAudienceOne(※2)とシステム連携する拡張型Tealium ソリューションでは、企業が単体では取得できない、生活者の様々な情報(性年代、興味関心情報など)の簡便な統合と、データ統合をよりリアルタイムに行うことが可能になります。

■開発の背景

スマートデバイスや EC などの普及により、生活者の行動データ取得が加速し、データドリブンマーケティングがますます高度化しています。データドリブンマーケティングにおいては、企業は自身の顧客データを自社チャネルを通じて取得する機会が増加していますが、自社チャネル以外での顧客のデータ統合についてさまざまな課題が存在していました。

まず、企業の有する 1st Party Data では捉えきれない、生活者のさまざまな行動や深層心理の源泉となるオーディエンスデータ(3rd Party Data)の取得が課題でした。生活者は、企業の顧客である以外に、居住、趣味嗜好、購買、メディア接触など様々な側面や行動を包含しています。

さらに、3rd Party Data の統合にも課題が存在しています。データ統合はこれまでも行われていました
が、多くの場合はある一時点における 3rd Party Data を統合した静的なものであり、日々変わる生活者の状態を反映しているとは言えませんでした。また、一時点ではなく定期的に 3rd Party Data を更新する場合、価格面、労働面での企業負担が課題でした。

■ソリューションの特長

博報堂DYグループが保有する、国内最大級の 3rd Party Data を蓄積する AudienceOne と、Tealium で自動的に収集する企業の 1st Party Data をシステム連携させることで、生活者データを包括的に捉えることを可能にします。これにより、これまでデータ統合作業で必要であった、データ抽出、加工などの作業工数が減少するだけでなく、AudienceOne のタグ連携設定も簡便になり、設定ミスなどにより企業の重要なデータ取得機会をロスするリスクも減少します。

加えて、システム連携によりAudienceOne の最新データを動的に Tealium に反映するため、生活者の現在の状態に沿った、よりリアルタイムで、より高度な”生活者データ・ドリブン”マーケティングを行う顧客基盤を構築することが可能となります。

博報堂DYグループおよび Team AIM(※3)は今後も、連携データと連携サービスの両面を拡充
することで本サービスのリッチ化を推進し、企業のデータドリブンマーケティングを更に効果的にするための支援を進めてまいります。

(※1)Tealium について
Tealium とは、グローバルで 1,000 以上のマーケティングツール・サービスと連携可能なベンダーニュートラルのユニバーサルデータハブ・プラットフォーム。
タグによる Web サイト情報だけでなく、スマホアプリ・SNS の利用状況、A/B テストによるクリエイティブへの嗜好、CRM による顧客との接触履歴、実店舗での購買履歴データなど、企業のデジタルマーケティング課題とも言える「複数箇所に点在・断絶している様々なデータソース」をクラウド上でリアルタイムに統合し、優れたユーザーエクスペリエンスを提供するためのサービスです。集められた人に関する情報は特定の個人のライフイベントとしてリアルタイムに更新され、既存のマーケティングツールと連携することで、個人一人一人に合わせたタイムリーな施策の実現を支援します。
世界をリードする 750 社以上が「Tealium」を信頼し利用しています。

(※2)AudienceOneについて
博報堂DYグループのデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社が開発し提供している「AudienceOne」は、月間 4.8 億ユニークブラウザと 9,000 万のモバイル広告 ID、1 兆レコード以上の膨大データを保有し、そのデータを解析して高精度な 3rd Party Data を生成/提供する国内最大級のデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)です。Web サイトの行動データや CRM、広告配信結果、パネルアンケート結果などさまざまなデータを統合し、分析/可視化、また豊富な連携チャネルを活用した“新規顧客の獲得”から“既存顧客への LTV 向上”までを一気通貫で実現する高度なマーケティング環境の提供を可能にします。

(※3)Team AIM について
Team AIM は、博報堂DYグループおよび Tealium と TIS 社で構成、生活者のさまざまな行動や深層心理の源泉となるオーディエンスデータを統合管理し、高度なマーケティングサービスを提供することで、中長期的に利益をもたらす顧客を獲得、育成するワンストップチームです。
本取り組みにより、デジタルマーケティングをすすめる上で必要なマーケティング KPI の設計、タグの実装、システム要件定義、広告・CRM 運用、データ分析レポーティング、BI ツール導入、統計解析技術を活用した予算最適化業務等をサポートし、安定したスピードとハイ・クオリティの運用体制を構築していきます。企業に対して、デジタル広告の最適化や生活者インサイト分析、デジタルマーケティング基盤構築など、様々な価値を提供し、企業のデジタルマーケティングを成功に導きます。

この記事に関する お問い合わせはこちら

このページをシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
  • line

関連記事

2018.08.20

記事・コラム

広告とCRMを横断する “フルファネル”データ 活用の取り組み

  • 博報堂DYメディア パートナーズ
    竹下 伸哉

2018.03.30

記事・コラム

1stPartyData 統合で、高度なマーケ ティングを実現する。

  • 博報堂
    金子 明彦
  • 博報堂DY ホールディングス
    後 皓介
  • ティーリアム ジャパン
    関 基陽
  • ティーリアム ジャパン
    海老澤 澄夫

2018.01.11

記事・コラム

博報堂DYグループと Tealiumの取り組み そしてTeam AIM

  • 博報堂DY ホールディングス
    青木 雅人
  • 博報堂DYメディア パートナーズ
    竹下 伸哉

閉じる