このページをシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
  • line

大規模パネルによるターゲティングを実際の行動とつなげるプラニング&配信ツール

Querida

(クエリダ)

従来のWeb調査だけでは捉えきれない、生活者の各種行動まで横断して把握することで、潜在顧客や見込み客を可視化。分析だけに留まらず、ターゲティング配信やPDCA運用に活用できるマーケティング用の統合データプラットフォーム

サービス特長

意識データ×行動データの掛け合わせによる
ターゲットインサイト抽出

博報堂DYグループが持つ生活者の大規模調査データと、4.8億ユニークブラウザ分のCookieデータによる閲覧行動データがつながったデータを提供。アンケートによる具体的な”意識”と、それだけでは捕捉しきれない”実行動”という、生活者の”意識”と”行動”までを横断して捉えることで、ターゲット像を解像度高く可視化します。

統合データから抽出したターゲットへの
ダイレクトな広告配信

  • 柔軟なターゲット像の設定

大規模調査データのパネル登録項目から配信ターゲットを定義できます。(アドホック調査による設定も可能です)

  • ターゲット毎の親和性で対象を設定

例えば、ターゲット親和性が高いセグメントのみを抽出し、広告配信の対象とするといった分析や、実配信の結果に基づいた出し分けに活用できます。

Queridaのしくみ

大規模調査データと大量のWeb行動データを
シングルソース化。

「博報堂DYグループが独自で実施する大規模調査データ」「課題ごとに実施する個別調査データ」「媒体社との連携により取得したオンラインアクチュアルデータ」等を統合する、生活者データプラットフォームを構築。それらデータを横断した分析・プラニングと、そこからの直接配信を実現しています。

こんなときにおすすめ

  • 定量調査のみでは見えない”実際の行動“を加えて、意識/無意識の両面でターゲットインサイトの発掘を行いたい。
  • 設定したマーケティング戦略ターゲットにに対してダイレクトに広告配信を行いたい
  • 自社のオウンドメディアアクセスや顧客データを組み合わせたターゲティングや分析、配信を行いたい

など

この記事に関する お問い合わせはこちら

このページをシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
  • line

関連記事

2017.12.18

記事・コラム

ここからはじまる、 生活者DMP第二章

  • 博報堂DYメディア パートナーズ
    柴田貞規

閉じる